アルバのブログ

ポケモンブログです

【S10 最高最終2132】お祈りグロスレヒレ 【最終12位】

【使用構築】

 

f:id:albapoke0818:20180711154147p:plain

 

【構築経緯】

S9の時レートで当たったf:id:albapoke0818:20180710063632p:plainf:id:albapoke0818:20180710063640p:plainf:id:albapoke0818:20180710063657p:plainf:id:albapoke0818:20180710063703p:plainf:id:albapoke0818:20180710063706p:plainf:id:albapoke0818:20180710063713p:plainをパクった所、ジャラランガ以外の5体の使用感がよかったためこれらを固定して配分、技構成、取り巻きを考えていった。最初は耐久に振って混乱実を持たせたランドロスカプ・レヒレを使用していたが、構築を回していくうちにサイクルをできるだけせずに速攻で崩していく方が強いと思ったのでその方針で構築を考えていった。この5体ではメガリザードンYゲッコウガウルガモスに隙をみせがちなので最後の枠にそれらに強めな厚い脂肪自爆Zカビゴンを採用した。この枠はスカーフアーゴヨンやヒコウZギャラドスなども試したが最終的にカビゴンに落ち着いた。

構築名はお祈りしながら命中不安技を連打していたこと、釣り出しや交代読みを多用したことから。

 

【コンセプト】

数的有利をとってミミッキュメタグロスバレットパンチで詰める。

 

【個別紹介】

 

f:id:albapoke0818:20180710070840p:plain

メタグロスメタグロスナイト

性格:いじっぱり

特性:クリアボディ→かたいツメ

実数値:173(140)-211(212↑)-171(4)- × -145(116)-135(36)

技構成:思念の頭突き アームハンマー じだんだ バレットパンチ

A:H191(244)-B156(252↑) ポリゴン2アームハンマー2発で67.1%

      H131(4)-B100 ミミッキュバレットパンチで81.2%

HB:A156(252↑) ミミッキュのシャドークローZを93.8%で耐える

HD:C222(252) メガゲンガーシャドーボール確定耐え

         C147(252) カプ・コケコのEF10万ボルトZを87.5%で耐える

 

Aをできるだけ確保しつつ特殊方面に行動保証を得られるようにしたHADメタグロス。重めのメガゲンガーやカプ・コケコを誘って倒せるのが強かった。(HS鬼火や催眠ゲンガーには勝てないが数が少なかった。)最初はじだんだ→アイアンヘッドだったが相手のギルガルドメタグロスを削りたかったので地面打点を採用した。アイアンヘッドは"当てる前提なら"思念の頭突きでいい場面がほとんどなためアイアンヘッドを切った。ガルーラ、ゲッコウガポリゴン2などにアームハンマーを打ってギルガルドが出てくるとそのままじだんだで倒せるのが強かった。あらゆる相手に思念の頭突きを打つため水タイプや炎タイプでメタグロスを受けてくる人には有利に試合を進められた。Sを削った弊害としてミミッキュに上から影打ちを打たれることだけはとても辛かった。

 

 

f:id:albapoke0818:20180710073953p:plain

ヒートロトム@ホノオZ

性格:おくびょう

特性:ふゆう

実数値:131(44)- × -127-151(204)-128(4)-151(252↑)

技構成:オーバーヒート ボルトチェンジ めざめるパワー氷 どくどく

 

調整はこちらの記事を参考にした。ebikann.hatenablog.com

 上記の記事の通りこのポケモンは等倍技を何発も受けれる耐久がないので、半減技に繰り出したり釣り出しを使って有利対面を作り上から動いて行動回数を稼げる臆病CSベースとした。鬼火を打ちたい機会が少ないため目覚めるパワー氷に変更した。重めな受けサイクルにはこのポケモンの行動回数をどれだけ稼げるかが重要になる。

 

 

f:id:albapoke0818:20180710083306p:plain

カプ・レヒレ@こだわりメガネ

性格:ひかえめ

特性:ミストフィールド

実数値:159(108)- × -135-160(244↑)-150-125(156)

技構成:ハイドロポンプ ムーンフォース なみのり トリック

C:火力が足りないのでほぼ特化(Cを1下げても乱数が変わる相手が多分いない)

S:最速テッカグヤ抜き

この構築のMVP。水の通りがとても良かったため有利対面を作ると火力が無いと思って等倍で受けに来た相手に想定外の火力を押し付けることができる。有利対面ができた時は基本的に相手の裏だけを見て行動を決めていた。テッカグヤ、カプ・コケコ、メタグロスギルガルドカミツルギなどが相手の構築にいるときはハイドロポンプを選択することが多かった。トリックは裏から誰が出てくるかをしっかり考えて打つようにしていた。キノガッサの上を取りたいため当初はCSで使っていたがあまりにも耐久がなかったため最速テッカグヤ抜き程度にまで抑えて耐久に振った。ミストフィールドによって欠伸展開を阻害できる他、メタグロスを安全に水ポケモンの熱湯に後投げできたり、ラス1ミミッキュが燃やされたり凍らされたりしないのが偉かった。

 

 

f:id:albapoke0818:20180710085619p:plain

ミミッキュきあいのタスキ

性格:いじっぱり

特性:化けの皮

実数値:131(4)-156(252)-100- × -125-148(252)

技構成:シャドークロー じゃれつく かげうち つるぎのまい

Zが余っていなかったのできあいのタスキを持たせたミミッキュ。Zとは違った強さがありとても使用感は良かった。ステルスロックを撒かれることが予想されるときでもあまり気にせず出していた。

 

 

f:id:albapoke0818:20180710090036p:plain

ランドロス@フィラのみ

性格:わんぱく

特性:いかく

実数値:196(252)-166(4)-138(124↑)- × -101(4)-127(124)

技構成:じしん うちおとす ビルドアップ 身代わり

HB:いかくを入れた無振りテッカグヤのヘビーボンバーを身代わりが確定耐え

S:余り

シーズン終了3日前までは陽気スカーフランドロスを使用していたが、レートでこの技構成のポケモンに何度かボコボコにされて環境に刺さっていると感じたため急遽採用した。そのため、調整はベストなものではないと思う。冷凍パンチのない意地メタグロス起点にして裏のロトムカプ・レヒレごと倒したり、テッカグヤ、襷ランドロスナットレイなどを起点にしたりできる。しかし、テッカグヤは想像以上に目覚めるパワー氷を持っていたりグロス軸にも選出できなかったりスカーフじゃないせいでポリゴンZが死ぬほど重くなったりして思っていたより活躍させることができなかった。また、急遽使い始めたためプレミを連発したのでスカーフのほうが良かったのかもしれない。

 

 

f:id:albapoke0818:20180710092705p:plain

カビゴン@ノーマルZ

性格:いじっぱり

特性:厚い脂肪

実数値:236(4)-178(252↑)-108(180)- × -139(68)-51(4)

技構成:じばく じしん 炎のパンチ あくび

調整はこちらの記事を参考にした。

chelsea3710.hatenadiary.jp

モロバレルとの同速を避けるためSに4振った。リザードン、虫Z以外のウルガモスのストッパーになれたり、ナットドラン、バレルドラン等のタイプ受けサイクルを崩すことができる。初手で出すとノーマルZはケアされることが多かったが、数的有利を取った後の打ち合い性能は素晴らしかった。Z透かしを極力回避できるように欠伸を採用している。

 

 

【選出】

vsf:id:albapoke0818:20180711141034p:plainf:id:albapoke0818:20180711141041p:plainf:id:albapoke0818:20180711141042p:plainf:id:albapoke0818:20180711141043p:plainf:id:albapoke0818:20180711141045p:plainf:id:albapoke0818:20180711141046p:plain

f:id:albapoke0818:20180711141203p:plainf:id:albapoke0818:20180711141211p:plainf:id:albapoke0818:20180711141215p:plain or  f:id:albapoke0818:20180711141237p:plainf:id:albapoke0818:20180711141243p:plainf:id:albapoke0818:20180711141246p:plain

瞑想カプ・コケコや襷ゲッコウガが増えていたので終盤はメタグロスを出していた。ヒートロトムを出す場合は目覚めるパワー氷+ホノオZで腕白HBDカバルドンを落とせるのでそれを意識して立ち回る。

vsf:id:albapoke0818:20180711141447p:plainf:id:albapoke0818:20180711141633p:plainf:id:albapoke0818:20180711141655p:plainf:id:albapoke0818:20180711141703p:plain

f:id:albapoke0818:20180711141719p:plainf:id:albapoke0818:20180711141722p:plainf:id:albapoke0818:20180711141736p:plain or  f:id:albapoke0818:20180711141814p:plainf:id:albapoke0818:20180711141820p:plainf:id:albapoke0818:20180711141835p:plain

メタグロスを出されることがとても多かったのでリザードンを切り気味に選出していた。カプ・レヒレカビゴンと選出すると両リザに対応できるがミミッキュキノガッサにボコボコにされるのであまり出せなかった。

 

vsf:id:albapoke0818:20180711142121p:plainf:id:albapoke0818:20180711141237p:plainf:id:albapoke0818:20180711141045p:plainf:id:albapoke0818:20180711141143p:plain

f:id:albapoke0818:20180711141703p:plainf:id:albapoke0818:20180711141243p:plainf:id:albapoke0818:20180711141246p:plain or  f:id:albapoke0818:20180711141203p:plainf:id:albapoke0818:20180711141237p:plainf:id:albapoke0818:20180711141246p:plain

次のように相手の型を一点読みして行動していた。メタグロスはいじっぱりASベースでアイアンヘッド、思念の頭突き、アームハンマー、じしん、バレットパンチのうちから5つ。ヒートロトムはHCベースのホノオZで技構成はオーバーヒート、ボルトチェンジ、目覚めるパワー氷、どくどく。ゲッコウガは命の球を持っていて技構成は悪の波動、冷凍ビーム、草結び、水手裏剣。ミミッキュは襷剣舞。先にヤンキープレイを通したほうが勝ちがち。

 

vsf:id:albapoke0818:20180711141045p:plainf:id:albapoke0818:20180711141143p:plainf:id:albapoke0818:20180711144819p:plain

f:id:albapoke0818:20180711141820p:plainf:id:albapoke0818:20180711142121p:plainf:id:albapoke0818:20180711141725p:plain

初手のゲッコウガには水技を打つ。

 

vsf:id:albapoke0818:20180710063703p:plainf:id:albapoke0818:20180711142956p:plainf:id:albapoke0818:20180711143000p:plain

f:id:albapoke0818:20180710063703p:plainf:id:albapoke0818:20180710063706p:plain@1

襷ランド展開は身代わりランドで荒らしてミミッキュで〆

 

vsf:id:albapoke0818:20180711143430p:plainf:id:albapoke0818:20180710063703p:plainf:id:albapoke0818:20180711141045p:plain

f:id:albapoke0818:20180711141719p:plainf:id:albapoke0818:20180711141722p:plainf:id:albapoke0818:20180711141736p:plain

メタグロスギルガルドを投げてきたらeasy win。

 

vs雨

f:id:albapoke0818:20180711141814p:plainf:id:albapoke0818:20180711141820p:plainf:id:albapoke0818:20180710063703p:plainorf:id:albapoke0818:20180710063706p:plain

カプ・レヒレメガラグラージ地震を2発受からないので注意。

 

vsGlalie

f:id:albapoke0818:20180711141203p:plainf:id:albapoke0818:20180711141211p:plain@1

メタグロスに物理受けを投げられ、カプ・レヒレに対してオニゴーリを投げてくるサイクルになりがちなので物理受けにハイドロポンプを打って出てくるオニゴーリを大きく削る。ドロポンの命中不安の他、零度を複数回打たれたり能力上昇次第ではハメられたるするのできつい相手だった。

 

vs受け回し

f:id:albapoke0818:20180711141211p:plainf:id:albapoke0818:20180711141203p:plainf:id:albapoke0818:20180711141237p:plain

今期は受けループがとても少なかったのでかなり対策を薄くしたためとてもきつい相手であった。メタグロスで物理受けを釣りまくってヒートロトムで特殊受けにボルチェンしまくるか、カプ・レヒレでトリックを入れる。カビゴンが刺さっている場合はカビゴンを出す。受け系統の構築を使用している人がツイキャスをしている場合は監視してマッチングを回避していた。

 

【最終結果】

TNアルバ 最終2132 12位

f:id:albapoke0818:20180711150946j:plainf:id:albapoke0818:20180711150953j:plain

 

 

【最後に】

今期は目標としていたレート2100、2100から勝つこと、最終30位以内をすべて達成できてとてもうれしく思っている。第3回ボスラッシュが開催されるか知らないけれど開催されるのであればぜひ参加したい。

 

ここまで読んでくださってありがとうございました。何か気になることがあればTwitter(@alba_pokemon)まで気軽に聞いてください!

SM S6使用構築 最高最終2104 カバマンダポリミミッキュ受けサイクル

お久しぶりです、アルバです。今回は目標にしていたレート2100を達成できたので3シーズンぶりに記事を書くことにしました。記事を書くことに慣れていないので読みづらいかもしれませんがぜひ読んでもらえたらうれしいです。

 

 

今回使用した構築はこちら

f:id:albapoke0818:20171111002222p:plain

ポケモン 持ち物      
ポリゴン2 進化の輝石 やつあたり 冷凍ビーム 放電 自己再生
カバルドン ゴツゴツメット 地震 氷の牙 あくび なまける
ボーマンダ メガストーン やつあたり 竜の舞 身代わり 羽休め
ミミッキュ ゴーストZ  じゃれつく シャドークロー かげうち 剣の舞
ギルガルド 食べ残し シャドーボール どくどく 身代わり キングシールド
モロバレル 黒いヘドロ ギガドレイン クリアスモッグ イカサマ キノコの胞子

 

 

・構築経緯

 HBカバルドン+HDポリゴン2の対応範囲が広いことに着目して構築を組み始めた。次にカバルドン、ポリゴン2と相性のいいメガボーマンダ、サイクルを回した後抜いていけるゴーストZミミッキュを採用しこれを軸に構築を考えていった。この4体では数値受けを崩すのが困難なため、それらを崩すために当初はメガクチートを採用していたがメガボーマンダと崩しポケモンを同時選出したいことが多かったため毒ガルドを採用した。最後にここまでできついキノガッサギャラドスギルガルドミミッキュを誤魔化すためにモロバレルを採用して構築が完成した。

 

・コンセプト

ボーマンダorミミッキュを通す

通せなそうなときはポリ2、カバルドンギルガルドモロバレルで詰ませる

 

・個別解説

f:id:albapoke0818:20171110190554p:plain

ポリゴン2@進化の輝石

性格:生意気 特性:アナライズ

実数値:191(244)-101(4)-112(12)-126(4)-160(244)-72

技:やつあたり 冷凍ビーム 放電 自己再生

 

 特殊アタッカーに対して後投げすると積みZで容易に崩されてしまうため基本的に初手にこのポケモンを置いていた。対面性能が高く多くの特殊アタッカーに殴り勝つことができ不利対面が少ない。カプテテフには眼鏡や挑発で崩されてしまうので一度再生して型をある程度判別してからギルガルドに引くようにしていた。また、ガルド入りとガッサ入りにこのポケモンを初手で置く場合は、モロバレルを選出してケアしていた。流行りのリザYの大文字を高乱数で2耐えするので環境にも刺さっていたと思う。

選出率圧倒的1位で9割以上出していた。

 

f:id:albapoke0818:20171110192113p:plain

カバルドンゴツゴツメット

性格:腕白 特性:砂起こし

実数値:215(252)-132-187(252)- * -93(4)-67

技:地震 氷の牙 あくび なまける

 

 物理アタッカーに対して後出しから負担をかけていくポケモンランドロスボーマンダに起点にされるのを防ぐため氷の牙を採用している。物理アタッカーと対面したときにHP管理しながら負担をかけていくことができるので持ち物は木の実よりゴツメのほうがいいと思っている。選出率5位。

 

f:id:albapoke0818:20171110223255p:plain

ボーマンダ@メガストーン

性格:意地っ張り 特性:威嚇→スカイスキン

実数値:201(244)-188(44)-151(4)- * -127(132)-151(84)

技:やつあたり 竜の舞 羽休め 身代わり

S:準速ミミッキュ、最速スイクン抜き 1舞後最速フェローチェ抜き

H-D:控えめカプテテフのムーンフォース耐え

 

 普通の1ウェポンマンダ。調整はおにーやんさんのブログをパクりました。耐久を盾に舞って全抜きすることもできるし身代わり羽休めで詰ませることもできてこの技構成のマンダが使っていて一番強いと思った。よく通りが悪いといわれるが舞ってしまえばカグヤヤドランなどの鋼やレボルトやロトムなどの電気をゴリ押せるため出せる範囲はそんなに狭いとは思わなかった。選出率3位。

 

f:id:albapoke0818:20171110225027p:plain

ミミッキュ@ゴーストZ

性格:意地っ張り 特性:ばけのかわ

実数値:131(4)-156(252)-100- * -125-148(252)

技:じゃれつく シャドークロー かげうち 剣の舞

 

 個人的に最も通しやすいと考えている意地ASゴーストZ。このポケモンを通して勝つ試合が一番多かった。オニゴーリやバトンなどがきついため呪いも欲しかったがゴーストZがあまりにも強かったので変えられなかった。積みアタッカーに対するストッパー、抜きエース、マンダを通したり耐久ポケモンで詰ませたりするための崩しなど何をさせても強かったので選出段階でミミッキュにどういう役割を持たせるかあらかじめ考えることが重要だと思った。選出率2位。

 

f:id:albapoke0818:20171110225953p:plain

ギルガルド@食べ残し ※A0個体

性格:穏やか 特性:バトルスイッチ

実数値:161(204)-49-171(4)-72(12)-220(236)-87(52)

技:シャドーボール 毒々 身代わり キングシールド

HP:残飯効率のいい16n+1

A:一致イカサマ確定耐え(ブラッキーに勝てるようになる)

C:CSゲンガー最高乱数切って1発、205-151ウツロイドの身代わり確定破壊

S:あまり

 

 対指数受け、対テテフを意識した穏やかHDガルド。穏やかガルドで検索したらアーモンドさんのブログを見つけ調整をパクった(問題があれば消します)。控えめHSガルドを使うか迷ったが対テテフに対して複数回繰り出せることを重視して穏やかにした。火力が足りないことに注意すればとても強いポケモンだったので穏やかでの採用は正解だったと思う。有効打が一つしかない相手に対しては身代わりキンシでPPを枯らしにいくこともあった。選出率4位。

 

f:id:albapoke0818:20171110231359p:plain

モロバレル@黒いヘドロ

性格:図太い 特性:再生力

実数値:221(252)- * -125(188)-105-109(68)-50

技:ギガドレイン クリアスモッグ イカサマ キノコの胞子

H-D:C特化ギルガルドのゴーストZ確定耐え

 

 構築の穴を埋めてくれた神ポケモンギャラドスギルガルドキノガッサ、カプレヒレ、ミミッキュなどここまでで重いポケモンに強い。対ガルドを意識してDにも振っている。ポリ2を残飯ガルドで見ている構築が多かったのでとても強かった。再生力効率重視の3nにする必要性はないと思っているのでHPは振り切った。光合成は欲しかったが切れる技がなかった。選出率6位。

 

 

・きついポケモン

陽気HSグライオン 誰もグライの上とれてなくてアーチャー

ヒコウZギャラドス バレルが4ぬ

CSボディパエアスラカグヤ マンダもポリ2も怯まされて突破される

冷凍パンチクチート カバが高乱数で2発で倒される

剣舞ドラゴンZガブリアス ミミッキュでドラゴンZ透かせなければ負け

テクスチャーポリゴンZ

オニゴーリ 一回しか当たらなかった

 

・選出

カバルドン、ポリゴン2、ボーマンダミミッキュの中から出すことが多かった。

ポリ2がいたらガルドを出し、ギャラ・ガルドなどがいたらバレルを出していた。

カバマンダガルドという選出はほとんどせずポリ2カバミミッキュ、ポリ2マンダガルド、マンダミミッキュ@1という選出をすることが多かった。

 

・感想

 今期はシーズンを二週間ほど残した段階で2ROM2000まで行けたがそこからメインロムを溶かしてしまい、1週間切った段階で1800を切ったためレリセし1ロムで特攻した。レートを溶かしたときは穏やかガルドの枠を慎重マゴDSドリュウズ地震、アイヘ、毒、ドリル)にして使っていたが上手く扱えず解雇した。最終日はカバリザグロスやカバガルなど得意とする構築とかなり当たったこと、マッチング・運が良かったことなどもあって1970くらいから11連勝で2100に乗せることができた。また今回組んだ構築はカバリザグロスに強く環境に刺さっていたが、組んだ構築が”たまたま”刺さっていただけなので来期以降は能動的に環境に刺さっている軸を見つけられるように考えていきたい。

 

・結果 最高最終2104

f:id:albapoke0818:20171110235600j:plain

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。何か質問があればTwitter(alba_pokemon)までお願いします。

SMシーズン3使用構築 ランドゲンガー 最高2034 最終1866

初めまして、アルバと申します。今期はデフレシーズンとなり満足のいく結果は残せませんでしたが、自分なりに並びを考えて構築を組んだので記事を書くことにしました。

初めての投稿となるので読みづらいかもしれませんが、読んでいただけたら嬉しいです。

使用した並びはこちら

f:id:albapoke0818:20170516174726p:plain

<コンセプト>

ランドロスでステロをまき、後攻とんぼでつないで裏のゲンガーかウルガモスを通す。

<個体紹介>

ランドロス@マゴのみ

実数値:195-165-115-×-141-111

努力値:244-0-36-0-228-0

性格:慎重

特性:威嚇

技構成:地震 岩石封じ とんぼ返り ステルスロック

立ち回りの軸となるポケモンで、多くの試合で初手に出していました。カバルドンと違いとんぼ返りを覚えるため、ステロをまいた後すぐに裏につなぐことができランドロス自身が腐りにくく使いやすかったです。調整は前期結果を残された方のをパクリました。ランドミラーや、一回岩石の入った130属に下からとんぼを打つためにSは降っていません。同じことがグライオンでもできることに終盤に気づきました・。・ ゲッコウガマンムーアシレーヌがよく初手で出てくるので、それらがいる構築には初手で出さないようにしていました。

 

ゲンガー@ゲンガーナイト

実数値:135-×-101-222-115-252

実数値:0-0-4-252-0-252

性格:臆病

特性:呪われボディ→かげふみ

技構成:シャドーボール ヘドロ爆弾 気合玉 目覚めるパワー氷

頭の悪そうなフルアタゲンガー。ステロ展開からのフルアタゲンガーの抜き性能が高いと思ったのが構築の組み始め。気合玉、めざ氷は読まれにくく相手の想定外のところから崩せるのが強いと思いました。催眠ゲンガー使うならフルアタゲンガー使いましょうお願いしますお願いします。

ヘドロウェーブがあまりにも欲しかった・・・

 

カプ・レヒレ@オボンのみ

実数値:177-×-183-115-151-105

努力値:252-0-252-0-4-0

性格:図太い

特性:ミストメイカー

技構成:ムーンフォース しおみず 自然の怒り 挑発

ゲンガーを通すうえで障害となるバシャーモギャラドスサメハダーなどに対するクッション。いい感じの調整が思いつかなかったので、クッション性能を高めるためにHBに振り切りました。カバルドン展開を自然に阻害できる点も優秀でした。ステロ+怒りしおみずは強いけれど、波乗りが欲しい場面もあったので水技は検討の余地があると思います。

 

ウルガモス@ムシZ

実数値:167-×-87-200-126-149

努力値:52-0-12-212-4-228

性格:控えめ

特性:虫の知らせ

技構成:だいもんじ 虫のさざめき 身代わり 蝶の舞

 

準速ミミッキュ抜き、身代わり3回張った後ミミッキュの影打ち耐え

 

受けループ、害悪に対する崩しの駒。調整はどこかのブログからパクりました。イーブイバトンもこいつで余裕と思っていたがピクシーにしかバトンされなかったので全く対策になっていませんでした。ガルドが重いので炎技は大文字。ミミッキュがいる構築には簡単に止められてしまうためあまり出せませんでした。

 

ポリゴン2しんかのきせき

実数値:191-100-123-125-149-72

努力値:244-0-124-0-140-0

性格:生意気

特性:アナライズ

技構成:おんがえし イカサマ ほうでん 自己再生

 

意地っ張りミミッキュの剣舞Zじゃれ確定耐え

残りHD

 

ランドが無理なマンムーゲッコウガアシレーヌに強いポケモン。これらのポケモンを見たときよく初手で出していました。スカーフテテフが重いので努力値はDに寄せました。冷凍ビームが欲しい場面はありましたが、放電の誤魔化し性能が高いので抜けずにこのままでした。フシギバナナットレイウツロイドに後投げして放電麻痺を狙うガイジプレイングを割としていました。。

 

ミミッキュ@ゴーストZ

実数値:131-142-100-×-125-162

努力値:4-252-0-0-0-252

性格:陽気

特性:化けの皮

ここまでの5体では相手に積まれると切り返しがきかないのでミミッキュを採用。ミミッキュも重いのでミラーで勝ちやすくなる最速ゴーストZ。便利なポケモンではあるがミミッキュが強いのか弱いのかは未だによく分かりません・・・

 

・基本選出

ランドゲンガー@1

ポリ2ゲンガー@1

大体はこれ

・対受けループ

ランドorゲンガー+ウルガレヒレ

 

<重いポケモン、並び>

ヒートロトム、スカーフテテフ、ミラコスイクンイーブイバトン、バシャーモ+ゲッコウガバシャーモ+ガルドなどいろいろ重いです()

 

<最後に>

自分で並び考えたといっていた割には調整はほぼパクリなことに記事を書いて気づきました()SMで初めてのデフレシーズンを体験して思うようにレートを伸ばせず実力不足を痛感しました。とても悔しいので来期も頑張ります。今期対戦してくださった方ありがとうございました!

一応最高レートの画像です

f:id:albapoke0818:20170516195425j:plain

最終レート1866 最終順位1554位

ここまで読んでくださった方はありがとうございました!

何か質問があればツイッター(@alba_pokemon)かコメントまでお願いします